【勉強会】助産婦の技と伝承

川崎市は昔から助産所が多い地域でした。全国では1.2%の助産所分娩も、川崎では4.3%ほどの取り扱いがあり、市区町村全国1位なのではないでしょうか。そこで長年助産所を開設されている川崎市内の助産院院長3名にお集まりいただき、「会陰保護」や「弛緩出血の対応」、「昔はやっていた骨盤位分娩」など目からうろこのお話をしていただきます。助産師の皆さん!必見です!

講師:
菅原助産院  菅原サキ子助産師
有馬助産院  五十嵐松子助産師
森重助産院  森重栄子助産師


日時 : 平成22年5月8日(土) 午後2時~4時半(受付13時半~)
場所 : てくのかわさき 5階和室(川崎市高津区溝口1-6-10)
JR南武線 武蔵溝ノ口駅、東急田園都市線 溝の口駅 
下車徒歩5分(マルイファミリー裏)

参加費: SUN2会員1000円 非会員2000円
申込み先:E-mail Midwife1103@ymail.plala.or.jp 
*氏名・連絡先・会員の有無を明記の上、お申込みください。

<問合わせ先> 090-3517-4005  山田美也子
[PR]
by kawasakimwsunsun | 2010-04-22 17:16 | 最新情報
<< 【勉強会】色が教えてくれる心の... かわさきおっぱいまっぷ2008 >>